ブログ:カテゴリー
  • Home
  • » 子育て応援ニュース

足利市も大人の風しん予防接種・抗体検査の費用を一部助成

 すくすくメールでも配信されています。

大人の風しん予防接種・抗体検査の費用を一部助成します
(足利市2013.06.20)
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/fuusinnjyosei.html

 対象は、

  1. 妊娠を予定または希望している49歳以下の女性
  2. 妊娠を予定または希望している49歳以下の女性の夫(パートナー)
  3. 妊娠している女性の夫(パートナー)

 ただし、風しんの抗体のある方は予防接種は対象外です。

また、風しんにかかったことが明らかな方や予防接種を1回以上受けている方は、抗体検査の結果で抗体が十分でないため予防接種が必要と医師が認めた場合のみ、予防接種が助成の対象になります。 

助成金額

  風しんワクチン     3,000円
  麻しん風しんワクチン 5,000円
  抗体検査         2,000円

子宮頸がんワクチンの積極的な勧奨の差し控えについて

 14日、足利市他各自治体に対し、副反応についての情報が不足していることから、積極的な接種の勧奨を差し控えるようにと、国が通知を行ったそうです。

緊急情報  子宮頸がんワクチンの積極的な勧奨の差し控えについて
(足利市 2013.06.15)
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/skyuukannsyousasihikae.html

子宮頸がんワクチン 接種呼びかけ中止へ
(NHK NEWS 2013.06.14)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130614/k10015313101000.html

すくすくメール配信中(足利市)

 すでにご存じかと思いますが、足利市では3月1日から、子育てに関する情報を、登録していただいたメールアドレスに電子メールで配信する事業を開始しています。

 配信する情報は、「健康診査、予防接種のお知らせ」「親子で参加できる講座・イベント情報」「入園・入所に関するお知らせ」「その他、子育てに関する情報」です。

 対象は、0歳から就学前のお子さんのいる方です。

詳しくは→●すくすくメール(足利市HPにリンク)

いじめストップアドバイザー

 足利市教育委員会は、いじめの未然防止や早期解決を図るため、今年度、教育現場に詳しい臨床心理士を「いじめストップアドバイザー」に委嘱したそうです。

 5月から市内33の小中学校を訪問し、教職員に助言するほか、要望があれば子どもや保護者からの相談に応じるとのことです。

いじめ:足利市教委、臨床心理士・内田さんを「ストップアドバイザー」に委嘱
小中巡回し指導支援
(毎日新聞栃木版 2013.04.06)
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20130406ddlk09100164000c.html

低出生体重児保健指導マニュアル

去年、厚生労働科学研究としてまとめられたものです。

低出生体重児保健指導マニュアル~小さく生まれた赤ちゃんの地域支援~
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/dl/kenkou-0314c.pdf

 

 

食物アレルギー ひやりはっと事例集2012

 園や学校、家庭、外食、旅行などの場面ごとに分け、アレルギー児の保護者から寄せられた108の事例が紹介した他、東日本大震災後に、アレルギー対応の食品を入手しづらくなったといった体験談も収録されています。

 原因の食べ物や症状、経過、解説と対策もまとめられています。

 アレルギー支援ネットワークのウェブサイトにPDFでアップされているので、みることができます。

食物アレルギー ひやりはっと事例集2012
http://www.alle-net.com/taisaku/indexn.html
http://www.alle-net.com/taisaku/contents/sosyu2012.pdf

関連記事:
食物アレルギーに理解を 「事故例」冊子に
(東京新聞 2012.12.20)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2012122002000142.html 

 

中学女子の制服の統一が検討

 市議会の一般質問で明らかになったそうです。

中学女子の制服統一 足利市が検討
(下野新聞 2012.12.12)
http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/south/ashikaga/news/20121212/939670

 制服を統一を図ることででコストダウンが可能となり、保護者の負担軽減されるというメリットがある一方、学校や地域の独自性が薄れるなど慎重な意見もあり、今後議論となりそうです。

 2014年4月の実施を目指すとのことですが・・・

保育所におけるアレルギー対応ガイドライン(動画)

 1週間ほど前にYouTube の厚労省チャンネルにアップされた動画です。

 このビデオ(DVD)は、2011年3月に発出された「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」の更なる周知のために作成されたもので、保育所、保護者、医療機関が共通理解し連携して適切な対応ができるよう、ガイドラインの概要説明などが専門医によって行われています。

保育所におけるアレルギー対応ガイドライン
(厚生労働省 2011.3)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku03.pdf

保育所におけるアレルギー対応ガイドラインQ&A(2012.3 Update)
(保育所におけるアレルギー対応ガイドライン作成検討会)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku04.pdf

 下記ビデオでは、食物アレルギーの概念の他、症例の紹介、アナフィラキシーの初期対応(プレホスピタルケア)について説明があります。

 全国学校栄養士協議会の調査によれば、学校給食で発症した食物アレルギー症状は68.4%が皮膚症状ではあるももの、ショック症状に陥った患者も7.2%(多くが入院に)に達しており、けっして低くないとしています。

 また、下記ビデオでは、エピペンの使い方についてそのポイントが説明されています。

 利き手でしっかり持って、安全キャップは利き手ではない方で外すことや、患児に意識がなくても、必ず患児を抑えて声掛けが必要などのポイントをわかりやすく説明しています。

 保育所の職員向けの内容ですが、お子さんなどに食物アレルギーがいる方にはとてもためになるビデオです。

(資料)
ぜん息予防のための
よくわかる食物アレルギーの基礎知識2012年改訂版【PDF12.3MB】
(大気環境・ぜん息などの情報館 独立行政法人 環境再生保全機構)
http://www.erca.go.jp/yobou/archives/3716
http://www.erca.go.jp/yobou/images/uploads/kanjazensoku/ap039.pdf

ポリオワクチンの予防接種が変わります!

 不活化ポリオワクチン導入に伴う足利市の対応が発表されました。

ポリオワクチンの予防接種が変わります!
(足利市 2012.08.28)
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/fukatukaporio.html

競馬場跡地の活用案について意見募集中

 足利市では、現在競馬場跡地の活用案について意見を募集しています。

 パソコン上から簡単に送ることができます。

競馬場跡地の活用案についてご意見ください(足利市)
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/ques/questionnaire.php?quest_id=6