ブログ:カテゴリー
  • Home
  • » 応援ネットからのお知らせ

思春期の発達障がい児の親を支える講座を開催します

 子育て応援ネットでは、12月11日(木)と12日(金)に、足利市民プラザで、足利市・市民企画セミナー『思春期の発達障がい児の親を支える講座』~進学就職の大事な時期を迎えて~ を開催します。(画像クリックで別ウインドウでPDFファイルが開きます)

12月11日(木)<公開講座>

『思春期の発達障がい、様々な行動に対する具体的な対応』

講師:柳川 悦子先生
    (小児科医・『こだわりっこの会』代表)

12月12日(金)

『先輩ママの「ウチ」の場合とおしゃべり会』

講師:思春期のお子さんを持つ保護者

会 場: 足利市民プラザ401 号室 足利市朝倉町264番地
時 間:全2回とも 19 時~21 時
参加費:無料

電話またはファックスでお申込みください。
(11月13日より申込み受付開始)

講演会「しからずにすむ 子育てのヒント」を開催します

 8月26日、発達障害支援のための「こだわりっこの会」との共同(えじそんくらぶの支部、栃木群馬「両毛の会」)で、佐野文化会館201会議室にて、高山恵子氏(えじそんくらぶ代表・臨床心理士・薬剤師)をお迎えし、講演会を行います。

 高山先生は、全国で親向けのセミナーを行い、そこで「子どもを好きになれない」「この子は自分を苦しめる嫌な子でしかない」「そう思う自分はなんてひどい親」と、涙を流すママたちに出会い、そういう人たちを笑顔にしてきた方です。

 子育て中のお母さま、お父様方、お子様の教育、保育や支援に携わっていらっしゃる方など多くの方にご参加いただければと思います。

 お誘い合わせのうえ、是非ご参加下さい。(画像クリックで当日のチラシが別ウインドウでPDFファイルで開きます

子どもの遊び場の空間放射線量(最近の測定分)を掲載しました

 あしかが子育て応援ネットでは、足利市内の公園15箇所にて、子ども達が安心して遊べるようにと、平成23年11月から、毎月上旬に、地上1㍍の空間放射線量を測定してまいりました。

 足利市の補助金事業は平成24年3月で終了しましたが、私どもでは、引き続き自主事業として、継続することとしました。

 遅れてしまいましたが、最近の測定分を掲載いたします。

 なお、配布等に関しては、足利市市民活動支援課のご協力を頂いております。

●市内の空間放射線量測定値のページ → リンク

空間放射線量測定値(足利市内)2013年11月分
http://ak-ouen.net/wp-content/uploads/2014/05/data_2013_11.pdf
空間放射線量測定値(足利市内)2013年12月分
http://ak-ouen.net/wp-content/uploads/2014/05/data_2013_12.pdf
空間放射線量測定値(足利市内)2014年1月分
http://ak-ouen.net/wp-content/uploads/2014/05/data_2014_01.pdf
空間放射線量測定値(足利市内)2014年2月分
http://ak-ouen.net/wp-content/uploads/2014/05/data_2014_02.pdf
空間放射線量測定値(足利市内)2014年3月分
http://ak-ouen.net/wp-content/uploads/2014/05/data_2014_03.pdf
空間放射線量測定値(足利市内)2014年4月分
http://ak-ouen.net/wp-content/uploads/2014/05/data_2014_04.pdf

今年度も食物アレルギー座談会を開催します

 2012.08.19に足利市生涯学習センターで開催した、食物アレルギーや学校給食に関するフォーラム(→リンク)では、医師、市の職員の方から子どものアレルギーや学校給食についてお話しいただいた後、参加者の皆さんで交流会を行いました。

 「まだまだ話したりない!」「参加できなくて残念(>_<)」という嬉しい反響がありました。

 そんな声にお応えして、今年度も「食物アレルギー座談会」を開催することにしました。(画像クリックで当日のチラシが別ウインドウでPDFファイルで開きます

 ただただ、おしゃべりするだけの会ですが、笑顔になって帰って欲しい。

 そんな思いで、2カ月に一度企画していきます。

 進学・進級のこの時期「学校給食」に対して不安や悩みはありませんか?

 少し先輩の保護者からお話しを伺うこともできますよ。

 当日、飲物が必要な方は、ご持参ください。

日 時:4月19日(土)午前10時~12時
 
会 場: しゃんしゃん広場

 栃木県足利市田中町943-11  しらゆり幼稚園学童棟3階
  連絡先 0284-55-4378 又は 090-2933-5165

駐車場について:しらゆり幼稚園さんの行事と重なるため、他の場所をご案内します。
係りの者が誘導しますが、不在の時は、ご連絡ください。
     
※上記の時間帯、お待ちしています。ご都合のいい時間にお越しください。お子様と一緒でもどうぞ。

 事前申し込み不要・参加費無料です

子どもの食物アレルギー学習展を開催します

allergy_exhibition_2014 平成24年7月の調査結果では、足利市内の小学生18校130人(1.6%)中学校8校10人(0.2%)合計140人(1.1%)、アナフィラキシーのある児童生徒は、小学校が24人、中学校が3人の合計27人いると平成25年3月市議会定例会で報告されています。

 このような状況もあり、ボランティアグループあしかが子育て応援ネットは、食物アレルギーの啓発に取り組んできました。

 今回の学習展は、これまでの食物アレルギーフォーラムや座談会の様子、当事者は、日々の食事や学校給食では、どのようにしているのか? 保護者はどんな思いなのか? など、食物アレルギーのことを多くの方に知って欲しいと思い企画しました。

 1月20日(日)~30日(木)に、足利市民活動センター3F みんなの広場で展示をしていますので、是非足をお運び下さい。(画像クリックで案内チラシが別ウインドウでPDFファイルで開きます)

 なお、2月19日には、今年も恒例の「食物アレルギー座談会」(会場:しゃんしゃん広場)も開催します。

食物アレルギー座談会(2月19日開催 チラシ)
http://ak-ouen.net/wp-content/uploads/2010/08/allergy_conversation_2014_1.pdf

子どもの遊び場の空間放射線量10月測定分を掲載しました

 あしかが子育て応援ネットでは、足利市内の公園15箇所にて、子ども達が安心して遊べるようにと、平成23年11月から、毎月上旬に、地上1㍍の空間放射線量を測定してまいりました。

 足利市の補助金事業は平成24年3月で終了しましたが、私どもでは、引き続き自主事業として、継続することとしました。

 このほど10月測定分がまとまりましたので掲載いたします。

 なお、配布等に関しては、足利市市民活動支援課のご協力を頂いております。

●市内の空間放射線量測定値のページ → リンク

空間放射線量測定値(足利市内)2013年10月分
http://ak-ouen.net/wp-content/uploads/2013/10/data_2013_10.pdf

子どもの遊び場の空間放射線量9月測定分を掲載しました

 あしかが子育て応援ネットでは、足利市内の公園15箇所にて、子ども達が安心して遊べるようにと、平成23年11月から、毎月上旬に、地上1㍍の空間放射線量を測定してまいりました。

 足利市の補助金事業は平成24年3月で終了しましたが、私どもでは、引き続き自主事業として、継続することとしました。

 このほど9月測定分がまとまりましたので掲載いたします。

 なお、配布等に関しては、足利市市民活動支援課のご協力を頂いております。

●市内の空間放射線量測定値のページ → リンク

空間放射線量測定値(足利市内)2013年9月分
http://ak-ouen.net/wp-content/uploads/2013/09/data_2013_9.pdf

子どもの遊び場の空間放射線量8月測定分を掲載しました

 あしかが子育て応援ネットでは、足利市内の公園15箇所にて、子ども達が安心して遊べるようにと、平成23年11月から、毎月上旬に、地上1㍍の空間放射線量を測定してまいりました。

 足利市の補助金事業は平成24年3月で終了しましたが、私どもでは、引き続き自主事業として、継続することとしました。

 今回も大変遅くなってしまいましたが、このほど8月測定分がまとまりましたので掲載いたします。

 なお、配布等に関しては、足利市市民活動支援課のご協力を頂いております。

●市内の空間放射線量測定値のページ → リンク

空間放射線量測定値(足利市内)2013年8月分
http://ak-ouen.net/wp-content/uploads/2013/09/data_2013_8.pdf

食物アレルギーフォーラム in あしかが 2013 を開催しました

allergy_forum_2013 8月11日(日)、昨年に続き、足利市生涯学習センターで、食物アレルギーや学校給食に関するフォーラムを開催しました。(画像クリックで当日のチラシが別ウインドウでPDFファイルで開きます)

  まず、足利市教育委員会学校管理課給食担当職員の方より、「これからの学校給食 食物アレルギーの対応」として、足利市における学校給食の食物アレルギーの対応について、これまでのとりくみと現状、さらにこれからのとりくみについて、2012年に作成された「足利市学校給食食物アレルギー対応マニュアル」を用いてお話を頂きました。(配布されたのは、ダイジェスト版でした。正式版は下記ページから入手できます)

学校給食食物アレルギー対応マニュアルの策定(足利市)
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/arerugitaioumanyuarusakutei.html

 次いで、足利市学校給食食物アレルギー相談医の島村泰史先生(こどもクリニックしまむら)から、「そうなんだ!「食物アレルギー」」というタイトルで、食物アレルギーについて、起こるしくみや症状、診断や資料についてわかりやすいお話を頂き、参加者からの質問に答えていただきました。

 また今回は、製薬会社の協力を得て、アナフィラキシーショックが起きたときに用いるエピペンの使用方法とタイミングについて、「練習用エピペントレーナー」を用いて学びました。

 先生が、スライドで紹介された資料は、下記ページの資料に詳しく掲載されています。興味ある方はご参考ください。

ぜん息予防のための
よくわかる食物アレルギーの基礎知識2012年改訂版【PDF12.3MB】
(大気環境・ぜん息などの情報館 独立行政法人 環境再生保全機構)http://www.erca.go.jp/yobou/archives/3716
http://www.erca.go.jp/yobou/images/uploads/kanjazensoku/ap039.pdf

食物アレルギーの診療の手引き2011【PDF:1.6MB】
(リウマチ・アレルギー情報センター)
http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/05/05_2011.pdf

食物アレルギーの栄養指導の手引き2011【PDF:4.8MB】
(リマウチ・アレルギー情報センター)
http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/06/06_2011.pdf

食物アレルギー診療ガイドライン2012ダイジェスト版
(日本小児アレルギー学会)
http://www.jspaci.jp/modules/important/index.php?page=article&storyid=27
(書籍版しか入手できないとのお話でしたが、何と7日にダイジェスト版がHPにアップされていました。今日の講演で紹介されたものが結構あります)

 最後に食物アレルギーの子をもつ保護者の方から、周りへの働きかけなど日頃のご苦労などの話をうかがい、食物アレルギーについて正しい理解を深める必要性を改めて感じました。

 フォーラム終了後には、別室で島村先生などを交えて、参加者同士でおしゃべりもしました。

 当日は38度を超える猛暑の中、多くの方のご参加を頂きありがとうございました。

関連記事→足利市の学校給食(子育てガイドWEB)
       アレルギー相談医は島村先生(子育て応援ニュース4月18日)

その他、関連資料です

保育所におけるアレルギー対応ガイドライン
(厚生労働省 2011.3)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku03.pdf

保育所におけるアレルギー対応ガイドラインQ&A(2013.3 Update)
(保育所におけるアレルギー対応ガイドライン作成検討会)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku04.pdf

保育所におけるアレルギー対応ガイドライン(動画)

 下記ビデオでは、食物アレルギーの概念の他、症例の紹介、アナフィラキシーの初期対応(プレホスピタルケア)について説明があります。

 エピペンの使用方法は、メーカービデオ(→リンク)では、振り下ろして注射する方法を紹介していますが、振り下ろす方法だと、失敗する場合もあるので、あらかじめ打つ場所に持っていて、皮膚にエピペンを当ててから注入ボタンを押す方がよいようです。下記ビデオで、エピペンの使い方についてそのポイントが説明されています。(7分11秒あたりから)

 利き手でしっかり持って、安全キャップは利き手ではない方で外すことや、患児に意識がなくても、必ず患児を抑えて声掛けが必要などのポイントをわかりやすく説明しています。

 保育所の職員向けの内容ですが、お子さんなどに食物アレルギーがいる方にはとてもためになるビデオです。

アナフィラキシー補助治療剤 – アドレナリン自己注射薬 エピペン
http://www.epipen.jp/top.html

一般向けエピペン®の適応
(日本小児アレルギー学会)
http://www.jspaci.jp/modules/important/index.php?page=article&storyid=26

食物アレルギー緊急時対応マニュアル
(東京都 2013.07)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/07/DATA/20n7o400.pdf
(施設内での役割分担をあらかじめ決めておくなどが重要)

食物アレルギー ひやりはっと事例集2012
(アレルギー支援ネットワーク)
http://www.alle-net.com/info/info06/info06-01/

食物アレルギー ひやりはっと事例集2013
(アレルギー支援ネットワーク)
http://www.alle-net.com/info/info06/info06-01-2/

 学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン(2008.3)【PDF:17.5MB】
(学校保健 電子図書館)
http://www.gakkohoken.jp/book/bo0001.html
http://www.gakkohoken.jp/book/pdf/0100.pdf

食物アレルギー(保育園・幼稚園・学校における食物アレルギー日常生活・緊急時対応ガイドブック)
(東京都2010.3)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/kankyo_eisei/allergy/allergy/to_public/guidebook/

子どもの遊び場の空間放射線量7月測定分を掲載しました

 あしかが子育て応援ネットでは、足利市内の公園15箇所にて、子ども達が安心して遊べるようにと、平成23年11月から、毎月上旬に、地上1㍍の空間放射線量を測定してまいりました。

 足利市の補助金事業は平成24年3月で終了しましたが、私どもでは、引き続き自主事業として、継続することとしました。

 遅くなってしまいましたが、このほど7月測定分がまとまりましたので掲載いたします。

 なお、配布等に関しては、足利市市民活動支援課のご協力を頂いております。

●市内の空間放射線量測定値のページ → リンク

空間放射線量測定値(足利市内)2013年7月分
http://ak-ouen.net/wp-content/uploads/2013/07/data_2013_7.pdf