支え合い楽しみながら笑顔で子育てを

足利市長 大豆生田 実 (2012年度版応援メッセージ)

 このガイドは、ボランティアにより、平成16年から内容の充実を図りながら毎年発行を続けられています。その代表の大島裕子さんが、このガイドの発行やその他の数々の功績を評価され、知事の推薦を受け「母子保健奨励賞」という全国で15名の方だけが受賞するという賞を受賞されたと聞いております。誠におめでとうございます。これまでの功績に感謝するとともに今後も引き続き大いに活躍されることを期待しています。

 足利市では、さる平成23年3月11日に起こった東日本大震災による甚大な被害を踏まえ、まず第一に、未来を担う子どもたちの安全安心を念頭においた迅速な対応を実現し、『あしかがこどもの笑顔プラン(後期計画)』の基本理念である「支えあい 育ちあい あしかがなら笑顔で子育てできるよね」が実感できるよう子育て環境の充実に、より一層励んでいく所存です。

 少子化、核家族化か進み、子育ての孤立化や育児不安などが大きな課題となっています。インターネットから子育てに関する情報は簡単に手にすることができるようになった半面、人と人の結びつきが希薄になってきていることにより子育てに負担や不安を感じる人が多くなっています。

 しかし、身近なところに目を向けてみると、子育ての応援をしてくれる人たちは沢山います。地域の民生委員さんや主任児童委員さん、保育所(園)・幼稚園の子育て相談、子育ての手助けをしてくれる人を紹介してくれるファミリー・サポート・センター、公民館などで行っている子育てサロンも充実しています。

 子育てには、時には大変なことちあると思いますが、「自分ひとりで」と思わずに、必要な時には周りの人の手を借り、支え合い楽しみながら笑顔で子育てをして欲しいと思います。このガイドには、多岐に渡り数多くの子育て支援情報が満載されており、このガイドが多くの人に利用され、子育て支援の輪が広がることを期待しています。